GeoGebraコマンド辞典

GeoGebraの全コマンドを分かりやすく解説

3Dグラフィックス用

Cube Command - 立方体

Cube[ <点A>, <点B>, <点C> ] 指定した3点を頂点にもつ立方体を返す。3点は、任意の1つの正方形の頂点であって、かつその正方形の頂点を、時計回りまたは反時計回りになぞるような順番でなければならない。 返される立方体は、指定した3点を含む正方形を底面…

InfiniteCone Command - 無限円錐

InfiniteCone[ <点>, <ベクトル>, <角度θ> ] 指定した点を頂点にもち、中心軸が指定したベクトルと平行であり、頂角(中心軸を通る平面で円錐を切断したときにできる、2本の母線のなす角のこと)が2θであるような無限円錐を返す。 θは、0<θ<π/2である必要が…

Cone Command - 円錐

Cone[ <円>, <高さ> ] 指定した円を底面とする、指定した高さの円錐を作成する。 円の作成方法については、Circle Commandを参照。 例1 円c=Circle[(0, 0, 0), 1, z軸]を所与として、 Cone[c, 3] は、円c(ここでは、x-y平面上にあって、中心(0,0,0)、半径1…

Bottom Command - 底面

Bottom[ <円錐> ] 円錐の底面である円を返す。 例1 点O(0,0,0)、点T(0,0,3)を所与として、 Bottom[Cone[O, C, 1]] は、円錐Cone[O, C, 1]の底面(x-y平面上の、中心O、半径1の円。上図の赤い円)を返す。 コメント1 Cone[O, C, 1] を作成すると、円錐(下図…