読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeoGebraコマンド辞典

GeoGebraの全コマンドを分かりやすく解説

z( ) - z座標

z( <点> ) 3Dグラフィックス上の点のz座標を返す。 例1 点Aを所与として、 z = z(A) は、点Aを通り、z軸と垂直に交わる平面を返す。 バージョン情報 GeoGebra 5.0.321.0

記事テンプレート

構文 説明 例1 バージョン情報 GeoGebra 5.0.321.0

x( ) - x座標, y( ) - y座標

x( <点> ), y( <点> ) x( <点> ):点のx座標を数値オブジェクトとして返す。 y( <点> ):点のy座標を数値オブジェクトとして返す。 例1 自由な点Aを所与として、 (x(A) + 1, y(A) + 1) は、x座標が点Aのx座標に1を加えたものであり、y座標が点Aのy座標に1を…