読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeoGebraコマンド辞典

GeoGebraの全コマンドを分かりやすく解説

nroot(x,n) - xのn乗根

定義済み関数

nroot( <式>, <整数n> )

式のn乗根を返す。すなわち、

f:id:usiblog:20170213174120p:plain

の演算を行う。

例1

NRoot(1024,10)

は、1024の10乗根を計算し、数値2を返す。

 

例2

f:id:usiblog:20170213171214p:plain

f(x)=nroot(x,4)

は、関数

f:id:usiblog:20170213170917p:plain

を作成する。

 

nroot( <複素数> )

複素数のn乗根を、1つ返す。

例1

f:id:usiblog:20170213172228p:plain

z_1=2+0iに対して、

nroot(z_1,5)

は、z_1の5乗根の1つである

f:id:usiblog:20170213171806p:plain

を、複素数として返す。

コメント1

z_2=cos(2π / 5) + ί sin(2π / 5)を所与とすれば、z_1のすべての5乗根の求め方は、それぞれ以下のようになる。

nroot(z_1,5)

nroot(z_1,5)*z_2

nroot(z_1,5)*(z_2)^2

nroot(z_1,5)*(z_2)^3

nroot(z_1,5)*(z_2)^4 

f:id:usiblog:20170213173732p:plain

 

バージョン情報

Version: 5.0.328.0-webapp (12 February 2017)