読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeoGebraコマンド辞典

GeoGebraの全コマンドを分かりやすく解説

最新情報(不具合・留意事項等)

附録

(解決済み)入力バーとカーソル

Version: 5.0.331.0-webapp (18 February 2017)

入力バーのカーソルを、数式の途中に置いた状態でエンターキーを押すと、エラーを返す場合がある。

sin(x)

を入力バーに入力し、xと)の間にカーソルを置いた状態でエンターキーを押すと、エラーを返す。

f:id:usiblog:20170220004440p:plain

f:id:usiblog:20170220004654p:plain

 Version: 5.0.332.0-webapp (21 February 2017)

上記の問題は解消された。

 

(解決済み)入力補助

Version: 5.0.331.0-webapp (18 February 2017)

数式の入力補助に関する留意事項

入力バーに

beta( <a>, <b>, <x> )

を入力し、カーソルをeとtの間に置く。

この状態でカーソルを1文字進めると、下図のように「<a」が選択された状態になる。

f:id:usiblog:20170220011709g:plain

 Version: 5.0.332.0-webapp (21 February 2017)

上記の問題は解消された。

 

未定義オブジェクトの選択

Version: 5.0.338.0-webapp (06 March 2017)

f:id:usiblog:20170307162552g:plain

未定義オブジェクトを選択することができず、編集・削除もできない。

3Dグラフィックスをアクティブにした状態で、

Circle[ (0,0), 1 ]

を作成しようとしても、このオブジェクトは定義されない。

未定義となった当該オブジェクトは、選択・編集・削除ができない(上図)。

 

予期しない残像表示

Version: 5.0.338.0-webapp (06 March 2017)

f:id:usiblog:20170307164832g:plain

オブジェクト作成時に、意図せず残像が作成される。

点A(1,1)を作成して、その点をドラッグすると、点Aについての「残像を表示」チェックボックスがオフであるにもかかわらず、座標(1,1)に点Aの残像が残る。

この残像は、通常の残像と異なり、画面を拡大縮小・移動しても消えない。入力バーに任意の文字列を入力すると消える。

 

数式ビューを用いた再定義

Version: 5.0.338.0-webapp (06 March 2017)

f:id:usiblog:20170307171326g:plain

数式ビューを用いた再定義の命令が無視される場合がある。

点C:Point[x軸]を作成して、数式ビューにおいて、点Cを

(0,0)

に再定義しようとしても、命令が無視され、点Cの定義はPoint[x軸]のままである。